FC2ブログ

ジャンル別 当サイト唯一のオススメ商材

上はお役立ち商材・必見商材から、下は詐欺商材・インチキ商材まで、
多数ある情報商材の中から最もよかった情報商材をみくがセレクト!

ジャンル別に「たった1つだけオススメするならこれ!」というのを選びました♪

>> ジャンル別 当サイト唯一のオススメ商材はコチラ♪ <<


反対に、これは買ってはダメ!というのも紹介しますね。(見るだけムダかも…汗)
>> 買ってはいけない、危険商材はこちら♪ <<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑

いまさら聞けない「節税のコツ」超入門

前回書いたように、「経費」と「控除」がポイントになる。



とはいえアフィリエイターが経費に計上できるものは普通の事業者とは大きく異なる。

そのため普通の節税本を買うと情報が一致しなくて苦戦する。



ここではアフィリエイターが経費にできるものについて書いておく。



「家賃」

仕事部屋部分の面積に応じて按分する。5割程度なら問題なし。6割以上は微妙。

(もちろん専用の事務所や自宅以外に仕事部屋を用意した場合は10割でよい)



「水道光熱費」

ガス・水道は少なめ、電気代は多めに按分。



「通信費」

プロバイダ料金などはほぼ全額が該当。

電話代は使用料に応じて。携帯電話も打ち合わせなどで使用するなら按分で計上可。



「車関連の費用」

ガソリンは仕事に使う割合で按分。(科目は主に消耗品費。車両関係費や旅費交通費にする時もある)

打ち合わせや取材、セミナー等への参加の交通費も計上可。(科目は旅費交通費)

購入費や自動車税、修理、損害保険、自動車税、車検費用、駐車場代は按分。(科目はバラバラ。車両運搬具、修繕費、損害保険料、支払手数料など)

(ただし購入費は減価償却が必要なので要注意)



減価償却は説明がややこしいので仕組みの説明は省略。

普通車6年、4年以上の中古車で2年。(4年落ちの外車で節税するのが有名)

定率法は事前申請が必要。

最近車を買ったのなら、事業用に組み入れも可能)




「従業員の給料」

仕事の手伝いをしている親族は専従者控除が86万まで計上できる。

控除という名だが扱いは経費なので、事業費が下がり、事業税や健康保険料も下がる。

ただし扶養者控除・配偶者控除等とは重複不可。

親族以外の給料は全額経費。



「接待交際費」

個人事業主は限度額なし。

税務署の目が厳しいので、記録は残しておくとよい。



「備品など」

主に消耗品費で計上。(事務用品費もあり)

1品10万円以上だと固定資産となって減価償却が必要になるので、できるだけ10万未満で。

(ただし青色なら30万未満まで可。また、10万以上20万未満なら3年で均等償却可)

応接セットのようなもともとセットのものは全体で考える。

いろいろな用途の文房具をまとめて買うなどは別で考える。



「修繕費」

上記に車もでてきたとおり修理とつくものはおおよそ何でも20万未満なら一括計上可。

また資本的支出(固定資産の価値を高めたり、使用可能期間を延長するもの)でないものは全額経費。

この境界が曖昧なとき(例:壊れたトイレを修理ではなく取り替えるなど)には、60万未満なら全額経費としてよいという特例あり。(知らないとかなり損だ)



「旅費交通費」

研修やセミナーへの参加はもちろん、視察や調査なども旅費交通費として計上可。

ただし旅程の半分以上は仕事であるべき。レポートや記録も残しておくこと。

議員や役人が視察と称して海外旅行を楽しんでいるが、あれは許されるのが不思議。

(普通の見方をすれば明らかに脱税行為だが、そもそも税金を払ってないので許されてしまう)



「福利厚生費」

理論上は一般企業と同程度の経費計上が可能。

ただ、基準がなく曖昧なので避けたほうが無難。






| アフィリエイターの税金対策 | コメント(0) | page top↑

経費の計上を賢くやる

節税というとみみっちく感じるが、意外と効果は大きい。

といっても脱税ではないので、ものすごい金額になるわけでもない。



そもそも「節税」とは、全く知識のない人が何も考えずに確定申告した場合と比べて、ちゃんと勉強して申告すれば、本来払わなくて良い余分な税金を払わなくて済むというものである。



どうせ税金を納めてもロクな使い方はされない。

そうでなくても十分すぎるくらい払っている。

さらに保険料やら年金やらで余計にとられているし、高齢社会で今後ますますとられることになる。

そんな有様だから、できる節税はしておくべきだ。



さて、節税の基本は「経費の計上」と「控除の活用」である。



(1) 「売上-経費=所得」

(2) 「所得-所得控除=課税所得」



こうして出てきた課税所得に税率をかけて税金が決まるわけだが、この「税率」は変えられない。

また、(1)の「売上」も正直に申告するよりないし(過少申告すれば脱税になる)。



つまり、変わる余地があるのは「経費」と「控除」なのだ。

(まぁ細かいことをいうと税額控除とか、還付金の利用とかあるのだが、ここでは省略)



でも「経費」は売上と同じで正直に申告するしかないような気がするが・・・

そこが落とし穴で、売上はとにかく全てを計上しないといけないが、経費は「経費になるもの」と「経費にならないもの」がある。

そして、経費は自分でちゃんと計上しないと「ゼロ」になってしまうのだ。

これは控除も同じだ。



そこで、大事なのはどういったものが経費に計上できるか、どういった控除があるのかである。



それについて、次回以降メモ書きとして残していきたい。





| アフィリエイターの税金対策 | コメント(0) | page top↑

青色申告と白色申告についてアフィリエイターが最低限知っておくべき3つのこと

さて、確定申告で最初に問題になるのが「青色申告」か「白色申告」かだ。



ほとんどの市販書籍やサイトでは「青色申告」を勧めている。

65万の控除など、青色申告だけの特典がいくつかあるためだ。

逆に、複式簿記で記帳義務があるのは非常に大きいデメリットとなる。



もともと青色申告は、税務署がより課税しやすくするための制度だ。

当然、正確さが求められるし、指導も入りやすい。

かわりに控除や特典を認めてもらうということだが…



一方、白色申告は帳簿がいらないと勘違いしている人がいるが、そんなことはない。

所得300万円以上なら記帳義務があるし、所得が300万円以下でもそうであることを証明する証拠が必要になる。

すると結局簡単な記帳は必要になる。

といっても小遣い帳程度の記帳でいいので、青色申告で必要な複式簿記よりははるかに簡単だ。

小遣い帳程度といってもバカにしてはいけない。

ビジネスをする以上、何らかの記帳はしておいたほうが後々のためにも絶対プラスになる。

(なお白色申告でも領収書などの書類保存義務は5年間あるから、ちゃんととっておくように)



あとはこのあたりをどう評価するかだ。



ここでは、あえて3つのことに注目したい。




1.控除のメリットはどうか。



青色申告の一番の魅力は、控除があることだろう。

ただ私はここにはあまり魅力を感じない。



控除額は複式簿記で65万、簡易記帳だと10万である。

65万の控除を受けると、所得が195万までなら3万2500円の節税になる。



所得が300万程度であった場合、6万5千円程度の節税になる。

これならけっこうな額だ。



が、そもそも所得が300万もいくだろうか?



仮にアフィリエイトで月額20万稼いでも、年間240万である。

月額25万でようやく300万に到達だ。



さらに、所得とは売上から経費を引いた額だ。

つまり300万稼いでも所得はさらに低い額になる。

(このあたりの話はまた詳しく書く)



多くのアフィリエイターは所得200万程度が関の山だろう。

すると青色申告で3万円くらいの節税になる。



あとはこの3万円と複式帳簿をつける手間を比べてどうかという話だ。





2.複式簿記ができるか。



複式簿記は、正直言って面倒くさい。

青色申告ソフトを使えばある程度は簡単になるものの、やはり面倒なのには変わりない。



アフィリエイトはわりと独特なので、どの勘定科目を使えばいいかなど、最初に勉強したり調べないといけない。



さらにアフィリエイトは売上から実際の入金が1~2ヶ月遅れになる。

すると売掛金などの処理が必要になる。

これは決算期にとても面倒なことになることを示している。



一番面倒なのは帳簿記入を年間とおしてやらなければいけないことだ。



単式簿記でも面倒だが、こちらは家計簿や小遣い帳と同じなのでわりと直感的に手早く記帳できる。

が、複式簿記は勘定科目の縛りがあるので、強引にまとめて計上すると後でおかしなことになる。

ソフトを使うにしても慣れるまでに時間がかかる。

そもそもソフトを買う時点で余計な出費が発生しているのも問題だ。



それに記帳はこだわりだすといくらでも面倒な処理法がある。

最初は不安になるから、かなり面倒なことをやる人も出てくる。



「自分の収支を把握する上で、帳簿をつけておくといい」



なんて勧めている人もいる。

が、複式簿記で家計簿なんて面倒くさくて勧められたものではない。


家計簿や自分の事業の把握のためであるなら、複式簿記なんか一切必要ない。

仮に複式簿記にするなら会計法基準にするべきで、税法基準にしていては全く意味がない。

税法基準で作られた損益計算書や決算書が全く意味がないのは公然の事実である。

一定の企業になると決算書は税務署提出用、銀行提出用、内部で経営判断用の3種類用意するのは常識だ。







3.ビジネスにおいて、何を優先すべきか?



帳簿はあくまでも税金のためのもので、それ以上を期待してはいけない。

つまりお金を払うためだけの存在であり、自分のビジネスにとっては何のメリットもないということだ。



そもそもアフィリエイト開始当初はやるべき作業が山ほどある。

それをやらなければ収入がいつまでたっても増えていかない。

アフィリエイターに最も重要なものの1つが「行動量」だ。

が、その貴重な資源を記帳処理などに使ってしまってはもったいないのだ。



こだわりだすと記帳のための本を買ったりソフトを買ったりで余計なお金がかかる。

記帳方法を調べたりするのにも余計な時間もかかる。

3万円では足りないくらいのコストがかかることに、冷静な人なら気づくだろう。



丁寧な記帳は稼げるようになってから。

高いソフトを使ったり、人を雇って任せたり、税理士に依頼したりすればよい。

まずは何よりも安定して稼ぐことを最優先させるべきだろう。

余計な手間をいかに省くかは、ビジネス初期に最も重視されることである。




よって、個人的に初期のアフィリエイターには白色申告で十分だと考える。




ただし、次の2つの条件を満たすと青色申告にしたほうがよくなる。

(どちらも青色申告だけの特典を利用することになる)




1.家族を従業員にして給料を払う



家族を従業員にすることで節税効果がかなり大きくなるため、この場合は青色申告をしたほうがよい。

配偶者や親・子などが手伝ってくれるのであれば、検討の余地はあるだろう。

もちろん、配偶者が会社で給与をもらっているような場合はややこしくなるのでやめたほうがよい。



また、家族に給料が払えるだけの売上があることが前提になる。

その場合は、節税効果が最も高くなる家族への給料の払い方はいろいろあるが、自分と家族で均等分するのが一番簡単で効果も高い無難なやり方である。



なお、白色申告で家族を従業員にするなら、85万円が限界となる。

給与を払うと扶養控除からはずれるなど、メリットはあまりない。







2.ある程度の額の赤字が発生する



青色申告は赤字の相殺が3年先までできる。

そのため、最初の年にある程度の赤字が発生するのであれば、青色申告しておくとよい。



ただ、アフィリエイトで赤字が発生することは通常ないし、仮にしてもかなりの少額だろう。

例えば1万円の赤字が発生した場合、節税額はせいぜい500円程度にしかならず、そのために複式帳簿をする価値はない。

高額の塾に入るなど、多額の経費が見込まれる場合は使えるが、そもそもアフィリエイトで最初から多額の経費を発生させること自体がやり方としてよくない。

(複数人が集まって、いきなり法人化してはじめるとかならありだが…)






本来なら3として、収入額がかなり多くなるというのを入れるべきだ

が、そんなにうまくいく心配はめったにしなくてよい(笑)


最後におまけで触れておくと、「青10申告」というのがある。

青色申告を簡易記帳で済ませて10万円だけ控除を受ける方式だ。



これは青色申告とほぼ同じ特典が得られて、簡易記帳でいいというかなり便利な方式だ。

しかも最初に申請しておけば「現金主義」が採用できる。

これはアフィリエイトで発生する売掛金などの処理が全て実際の入出金のタイミングだけで記帳すればよくなるというかなりメリットの大きな方式である。



ただ、10万円の控除では5千円程度の節税にしかならないので節税のメリットは小さい。

が、白色申告にした人が、青色申告へのステップアップに利用するにはぴったりだ。



なお、本来白色申告では現金主義を採用できない。

が、白色申告者には所得300万円以下だど記帳義務がないこともあって、気にせずにいても問題にならないケースが多いと思われる。

所得300万円以上の白色申告者が現金主義で記帳していた場合、現金主義は適用できない。






まとめ





・白色申告(300万以下)

  記帳義務:なし

  記帳方式:自由

   (何らかの記帳はしておくべき)



・白色申告(300万超)

  記帳義務:あり

  記帳方式:単式簿記(小遣い帳風)



・青色申告(10万控除)

  記帳義務:あり

  記帳方式:単式簿記(小遣い帳風)

    ※現金主義が選択可



・青色申告(65万控除)

  記帳義務:あり

  記帳方式:複式簿記(面倒だが正式)



※帳簿や領収書などの書類保存義務は全てにあり。


| アフィリエイターの税金対策 | コメント(0) | page top↑

絶対に失敗しないアフィリエイターの確定申告マニュアル

こんなタイトルの情報商材、どこかにありそうだ。



正直、確定申告くらいは情報商材に頼らなくても、市販書籍やネットの情報で何とでもなる。

こうしたマニュアルの1冊も書けるくらいの知識はあるが、マニュアルを作るのも面倒くさい。

あまり深く考えず、ここであくまで私の覚書としてメモしていきたい。



さてまず確定申告の是非について。



アフィリエイターの中には確定申告していないものも大勢いる。

特に副業の場合は給与で源泉徴収されているので、黙っていてもバレない可能性が高い。

そういう人間が大勢いるのに、正直に確定申告するなんてバカらしい…なんて思う人もいる。



そもそも今のくだらない政治を見ていると、過去に払った税金を返してほしいくらいだ。

無意味にばらまかれたり、くだらない政治家や役人が私腹を肥やすために使われたりと、ロクな使われ方がされていないのは見ての通りだ。




ただ、やはり確定申告はしておいたほうがいい。

違法だからとか倫理的にまずいというのはもちろんのこと。

ビジネスの視点から考えてもそう言える。




理由の1つ目は税務署が正確に把握するようになってきていること。

もともと税務署に限らず、役所は最新のITなどに弱いとされてきた。

が、最近は税務署内にも専門部署を設置するなどして、こうした脱税行為に目を光らせている。

実際、摘発件数も増えてきているようだ。



今更言うまでもないと思うが、こうした申告逃れが見つかると、未払いの税金を取られる上に、追徴課税なども取られる。

さらに厄介なのが、所得が増えるとそれに応じて住民税や保険料などまで上がる。

全部合わせるとかなりの増額になるが、それらを一気に納めようと思うと大変だ。

どうせ払うことになるなら、先に払っておいたほうが賢いというものだ。




理由の2つ目は将来に備えて必要なこと。

青色申告で控除を受けたり、法人化を考えたときに過去の申告が必ず問題になるのだ。

新たに申告をしたことで「今まではどうなんだ?」と思われるのは当然が。

それを機に調査が入ることもある。

個人と法人は部署が違うので調査はされにくいという見方もある。

が、もし過去数年分を一気にやられたらありえないほどの負担になる。

それこそ事業の存続に関わりかねない。

大事な転換期にそんなリスクを負うのはバカげている。



「国民の義務を果たすべきだ」

「後ろめたい気持ちだと精神衛生上よくない」



など、他にも細かい理由はある。

が、この2つだけでも確定申告しておく理由にはなるだろう。



そうは言ってもどうせ最初1、2年はマイナスだから、そのうちは好きにすればいい。

が、利益が出るようになってきたら後ろ指をさされる前に絶対にしておいたほうがいい。




なお、申告の必要な額として「20万」という基準がある。



アフィリエイトは通常雑所得で申告する。

が、雑所得は1年で20万までなら非課税というルールがあるのだ。



厳密に言うと、20万以下でも申告した上で非課税という処理になる。

なので申告しなくてよいという意味ではないので注意しておきたい。

ここでポイントになるのは、収入ではなく所得という点だが、そのあたりはまた改めてメモする。




さて、他にも書くべきことは山ほどある。

が、長くなるので次回以降で順番に書いていくこととしよう。



| アフィリエイターの税金対策 | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。